付属品を一緒に売る

Pocket

付属品が揃っているかどうかによって、カメラの査定額に差が出ます。製品の箱、マニュアル、保証書、電池、充電器といった購入時の付属品はすべてきれいな状態で保管しておいて、査定時に提出しましょう。全部付属品があると査定額アップにつながりますし、逆に何もないような場合には査定額はダウンしてしまいます。充電器一つ揃っていないだけで、数千円の買取金額がマイナスされてしまうなど、付属品がないことは大きな痛手となってしまいます。

また、レンズを一緒に買取に出すことも、買取価格を高くすることにつながります。製造年が古いレンズでも、ボディに比べると買取価格は下がりにくくなっています。ただ、これはあくまでも保存状態が良好な場合です。ボディとは違い、レンズにはどのような査定額のポイントがあるのでしょうか。ボディと一緒に売ることを検討している人であればとくに気になる問題でしょう。

レンズは腐食による濁り、ホコリやかびの付着が確認された場合、撮影時に悪影響をおよぼしてしまうことなどを理由に、査定額がマイナスされてしまいます。なお、これはボディにもあてはまることなのですが、製品の定価が高額であり、性能面で優れているものの場合には、ある程度状態が悪化していたとしても、査定額はマイナスになるもののそれなりの金額が提示されることが少なくありません。